贈収賄リスクから自社を守る!信頼を得る、あるべき企業の体制とは?



ISO 37001(贈収賄防止マネジメントシステム)は、コンプライアンスへの関心が高まる中、自社の贈収賄リスクを管理するためのベストプラクティスとして開発された国際規格です。PJRは、日本で初めてISO 37001の認証サービスを開始した認証機関で、2019年1月の在日米国大使館商務部後援によるサービス開始フォーラムは多くのみなさまに反響をいただいています。関心の高さを受けて、ISO 37001について解説するセミナーを開催することとしました。ぜひご参加ください。

国際標準規格ISO37001(贈収賄防止マネジメントシステム)解説セミナー
内容 「コンプライアンスおよび贈収賄防止の基礎」
健全な企業経営を実施していくための前提は、コンプライアンス重視の経営環境の確立と維持にあるといわれ、各国においてさまざまな取組みや法整備が行われています。贈収賄防止のための実効性のある体制づくりを手助けする礎となる基本的な手法と考え方について解説するとともに、それらのベースとなる品質マネジメント(ISO9001)の7原則との関係性を明らかにします。

「審査現場から見たISO37001(贈収賄防止マネジメントシステム)理解のポイント」
実際のISO37001(贈収賄防止マネジメントシステム)審査現場における審査実務を通して、 ISO37001の認証を受ける際の注意点やポイントを、いくつかの主要な規格要求事項を例に解説します。
対象 ・法務・コンプライアンスご担当役員
・法務・コンプライアンスご担当責任者
・法務・総務・コンプライアンスに関連する部署に所属の方
・品質保証・生産管理のご担当役員、担当責任者の方
受講料 無料

開催地 開催日 時 間 会 場 詳 細
東京 2019年
03月12日(火)
13:30〜16:30
(受付 13:00〜)
一橋講堂
【地図】

ご注意

※上記のスケジュール・内容は変更される場合があります。
※認証機関関係者の参加はご遠慮ください。
※お申込み多数の場合、1社2名様までとさせていただく場合があります。あらかじめご了承ください。