R2(Responsible Recycling:責任あるリサイクル)とそのほかのリサイクル関連認証

電気・電子機器のリサイクルに関する認証制度の比較

電気・電子機器のリサイクルに関するガイドライン「R2」と「e-Stewards」は、ともに米国環境保護庁(EPA)の推奨を受けています。

  R2 e-Stewards
スキームオーナー
[推進国]
SERI(Sustainable Electronics Recycling International)[米国] the Basel Action Network[米国]
特徴 ・環境、労働安全衛生、セキュリティに関するマネジメントシステムの要求(ISO14001とOHSAS18001の両方、もしくはRIOSの取得)
・次工程事業者の管理の要求
・重点管理物質の法的根拠のない焼却や埋め立ての禁止
・環境マネジメントシステムの要求(ISO14001の取得)
・強制労働や児童労働の禁止を明記
・抜き打ち検査の実施
認証数
(2015年12月現在)
550
(米国)415
(カナダ)9
(メキシコ)9
(香港)8
(ほか17カ国)109
68
(米国)59
(メキシコ)4
(カナダ)3
(韓国)1
(英国)1
認証方法
第三者認証
第二者認証 × ×
第一者認証 × ×

そのほかの主な電気・電子機器のリサイクルに関するガイドライン

  Recycler
Qualification
Program
(RQP)
WEEELABEX AS/NZS 5377 ERP
スキームオーナー
[推進国]
the Recycler Qualification Office (RQO)[カナダ] WEEE Forum[EU] Standards Australia[オーストラリア、ニュージーランド] European Recycling Platform[欧州]
認証方法
第三者認証 × EN規格への移行に向け活動中 ×
第二者認証 ×
第一者認証 × × × ×

PJRのR2(Responsible Recycling:責任あるリサイクル)


関連リンク

認証機関の変更 統合審査 認証取得までのステップ

【認証サービス一覧へ】