ウェビナー

PJRでは、お客様を対象にマネジメントシステムの運用に役立つトレーニングを <無料> ウェビナーにてご提供いたします。当社でマネジメントシステムの認証を取得されているお客様はオンライン生中継のウェビナーを無料で受講いただくことができます。

PCからアルタイムで視聴いただき、みなさまからのご質問にも講師が直接お答えいたします。

当社のお客様だけにご提供するサービスです(無料)。ぜひ、貴社の教育・訓練の一環としてご利用ください。

※当社でご契約いただいていらっしゃらない方もトライアルで1度ウェビナーをご覧いただけるようになりました。お客さまより大変ご好評いただいているウェビナーです。この機会にぜひご視聴ください。

>> FSMAの外国供給業者検証プログラム(FSVP)について、FDA担当者が解説するウェビナーを開催!

ウェビナースケジュール

ウェビナースケジュール
開催時間:15:30〜16:30(各回共通)
2016年
05月23日
(月)
QMS 改正に伴う審査ポイント(2)
〜2015年規格改正を経営に生かす〜
先着200名
「QMS 改正に伴う審査ポイント(1)」(2016年1月)の内容を踏襲しつつ、希望の多かった項目についてより詳細な解説を行い、前回は触れられなかった項目についても取り上げます。改正対応作業に取り組む中で感じた問題意識や疑問点をもって視聴していただくことで、みなさまの理解の深化やヒントの発見につなげていただくことを目的としています。
2016年
06月13日
(月)
EMS 改正に伴う審査ポイント(2)
〜2015年規格改正を経営に生かす〜
先着200名
「EMS 改正に伴う審査ポイント(1)」(2016年3月)の内容を踏襲しつつ、希望の多かった項目についてより詳細な解説を行い、前回は触れられなかった項目についても取り上げます。改正対応作業に取り組む中で感じた問題意識や疑問点をもって視聴していただくことで、みなさまの理解の深化やヒントの発見につなげていただくことを目的としています。
2016年
07月11日
(月)
内部監査の応用スキル(1)
〜リスク改善指向の監査プログラムの作成〜
先着200名
監査プログラムには、一連の監査計画の作成はもちろんのこと、個別の内部監査方針を検討することも含みます。どのようなテーマに焦点を当てると効果的な内部監査になるのか。そのためにはどのような情報の収集や準備が必要なのか。ポイントを解説し、2015年の改正(ISO9001/14001)で強化されたプロセスアプローチ(特にリスクアプローチ)を踏まえた監査計画について一緒に考えます。
2016年
08月22日
(月)
内部監査の応用スキル(2)
〜プロセスアプローチによる内部監査チェックリストの作成〜
先着200名
2015年の改正(ISO9001/14001)で強化されたプロセスアプローチ(プロセスマッピング)は、PJRの審査ではこれまでも根底となる考え方でした。ウェビナーでも毎回好評をいただき、定番化しているテーマの1つです。
今回は、このプロセスアプローチを踏まえ、内部監査チェックリストを作成する上でのリスクベースの考え方を解説します。
2016年
09月12日
(月)
内部監査の応用スキル(3)
〜効果的な指摘と是正処置のポイント〜
先着200名
内部監査の有効性を高めるためには、システムの弱点(リスク要素)を適正に評価し、改善が必要な課題については的確に指摘することが重要です。このような監査を実践できるか否かが、内部監査を効果的なツールとして活用できるかどうかの分岐点です。
内部監査での「指摘事項」に焦点を当て、効果的な指摘をするにはどのような視点で監査を行うか、また、どのような指摘が組織にとって重要なのかを解説します。
2016年
10月17日
(月)
パフォーマンスの改善事例
〜審査の現場から〜
先着200名
2015年規格改正(ISO9001/14001)では、ISO活動を通じて実際にパフォーマンスを改善することが求められます。審査の現場で出会った成功例の中で、業種を超えて参考となり得る改善事例を紹介します。

-認証機関の方のご参加はご遠慮ください。
-お申込み多数の場合は、お断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

サンプル動画配信中!
食品ウェビナーのサンプル動画をYou Tubeにてご視聴いただけます。