遠隔審査(リモート審査)

「遠隔審査」とは、オンライン会議システムを利用して、審査員が遠隔地から行う審査です。
インターネット環境と、マイク・カメラが使用可能なパソコンやスマートフォン・タブレット端末の準備があれば受審いただけます。
日程調整が大変な経営層のインタビューにも参加場所を選ばず、資料もパソコン画面上やカメラを通してこれまでの審査通りに共有することができ、現場審査も可能です。

遠隔審査は米国では以前より行われている方法で、日本でも同様に取り組んでおり、すでに数多くの遠隔審査を実施しています。
COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大防止のためにも、遠隔審査は有効な手段になります。

遠隔審査可能環境について

インターネットとマイク・カメラが使用可能なパソコン、モバイル環境があれば、審査対応が可能です。

遠隔審査可能環境について 画像

遠隔審査 イメージ

事前に接続テストを行い、審査当日までに遠隔での審査に慣れることができます。

対応可能な規格と範囲

各スキームオーナーの方針に基づき、遠隔審査が可能な規格の一覧は以下の通りです。方針の改訂等により、PJRの対応方針も変わることがございます。

PJRで遠隔審査が可能な規格
ISO9001、ISO14001、ISO45001(OHSAS18001からの移行審査を含む)、ISO27001、 ISO22000、R2、AS9100、AS9110、AS9120

ただし、審査種別やお客様の認証範囲により、100%遠隔で審査可能か、または遠隔審査と後日の実地審査の組み合わせが必要か、などが異なります。

現場審査も事務所審査を問わず可能

事務所審査

事務所審査では、資料をパソコン画面に表示していただくだけです。
紙の資料でも、モバイル機器で投影していただければ審査員は確認できます。

事務所審査 画像

現場審査

スマートフォン、タブレットなどのモバイル端末をご用意いただければ、現場審査の確認や作業者へのインタビュー、作業の実演確認なども可能です。

現場審査 画像



PJRで認証を取得いただいているお客様には、「PJRお客様専用ページ」内にて詳細をご案内しております。

遠隔でのISO内部監査員セミナーをお探しの方はこちら
リモート(遠隔)講師派遣型内部監査員セミナー(PJAowl.com)