FSMAの外国供給業者検証プログラム(FSVP)について、FDA担当者が解説するウェビナーを開催!

PJR FSI

PJRFSI(Perry Johnson Registrars Food Safety, Inc.)は、5/26(木)午前3時[日本時間]よりFDA(アメリカ食品医薬品局)で消費者安全を担当するDoriliz De Leon氏が、FSMA(米国食品安全強化法)301条で定められた外国供給業者検証プログラム(FSVP:Foreign Supplier Verification Program)について解説するウェビナー(オンラインのライブセミナー)を開催します。

外国供給業者検証プログラム(FSVP)は、2015年11月13日に最終規則が公表され、適用期限は2017年4月ごろと予想されています。

米国内の食品輸入業者(もしくは荷受人)に取り扱う商品の製造業者および農場生産者のFDA関連規制の順守状況を検証することを課すもので、米国内の展示会等に出展する際のサンプル品も検証の対象となります。

PJRFSIは、食品安全に特化した第三者認証機関です。BRC、HACCP、SQF Code、Gluten-Free、Global G.A.P.、IFSなどの認証サービスを提供しており、日本ではペリージョンソン ホールディング 株式会社 ペリージョンソン レジストラーが窓口を担当しています。

Foreign Supplier Verification Program (FSVP)
Regulation-Regulatory Perspectives
日時 2016年5月26日(木)AM3:00〜AM4:00(日本時間)
講師 Doriliz De Leon, Consumer Safety Officer, FDA (英語のみ)
お申込み こちらから事前にご登録ください。