ISO/TS16949(自動車産業向け品質マネジメントシステム)の認証取得審査

世界中の自動車関連サプライヤー向けに統一された品質マネジメントシステム規格

ISO/TS16949は、世界中の自動車関連サプライヤー向けに統一された品質マネジメントシステム規格です。業種や規模を問わず、すべての組織を対象とした品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001の要求事項に、自動車産業固有の要求事項を付け加えています。

1999年にISO/TS16949が発行されるまでは、米国ではQS-9000、ドイツではVDA 6.1、フランスではEAQF、イタリアではAVSQといった風に、各国で異なる自動車産業固有の品質規格要求事項を定めた規格が採用されていました。これらを世界共通の規格としてISO/TS16949に統合することで合理化し、それまで複数の品質規格に対応するために多様な要求に応えなければいけなかったその時間と労力の無駄から企業を解放したのです。

IATF(International Automotive Task Force:国際自動車特別委員会)によって運用されるISO/TS16949への認証登録は、自動車産業におけるサプライヤーとして世界的に認められることを意味します。顧客満足に重点をおき、優れた製品の基盤を構築することを約束するISO/TS16949は、米国、ドイツ、フランス、イタリア、英国、日本およびその他各国の自動車産業向けに部品を製造または供給する企業にとって無視できません。

※日本のISO/TS16949認証は、IATFの監督機関であるIAOB(International Automotive Oversight Bureau)が運営管理しています。IAOBは弊社契約事務所と同じ米国ミシガン州オークランドカウンティにあり、PJRは常に最新かつ正確な情報を提供できる体制を整えています。

ISO/TS16949(自動車産業向け品質マネジメントシステム)の対象組織

ISO/TS 16949は、自動車メーカーに納入されることになる生産部品やサービス部品を製造する組織に適用される品質マネジメントシステム規格です。

○自動車産業サプライチェーンのどこかに位置していることが前提です。

「自動車」を作っている組織(OEM)に材料、生産部品やサービス部品を提供する組織(Tier 1)、さらにその組織(Tier 1)に材料、生産部品やサービス部品を提供する組織(Tier 2)など、サプライチェーンのどこに位置している組織でも認証の対象となります。「自動車」には、乗用車・小型商用車・バス・トラック・自動二輪車を含みますが、公道を走るものだけが対象です。例えば、公道外専用の農耕用作業車や鉱山用トラックなどは含まれません。また、公道を走る車両であっても、特殊車両の特殊装備、例えば消防車の消火用装備などは含まれません。
自動車メーカーが調達するサービス部品の製造を行っている組織は対象になりますが、自動車メーカーが調達しない交換部品(アフターマーケット部品)のみ製造している組織は対象になりません。
「製造」を行う事業所を持たない組織、例えば、設計のみを行う組織や販売のみを行う組織などは認証の対象外です。「製造」には、材料や部品(製造部品またはサービス部品)の製作、組立て、熱処理、溶接、塗装、めっき、その他の仕上げ処理を含みます。 一方でISO/TS16949対象の「製造」を行う事業所を支援する事業所、例えば、営業所や技術センターなどが遠隔地にある場合には認証範囲に含めなければなりません。
審査においては、実績を検証する必要があります。したがって、自動車向けの製品の製造をこれから始める組織が、前もって認証を取得しておくことはできません。

※ISO/TS16949の認証対象製品と対象外製品の両方を製造している組織は、ISO/TS16949とISO9001の統合審査で効率的な両規格の認証取得が可能です。

※ISO/TS16949の審査を受けることを検討する場合には、ISO/TS16949の規格書と顧客固有の要求事項に加えて、「IATF承認取得と維持のためのルール」(『自動車産業認証制度 ISO/TS 16949 IATF承認取得と維持のためのルール ISO/TS 16949対応 第4版』)の内容をあらかじめご確認ください。

PJRのISO/TS16949(自動車産業向け品質マネジメントシステム)


関連リンク

審査のお見積り 無料説明会のご案内 セミナーのお知らせ PJRコラム お客様の声

【認証サービス一覧へ】