グルテンフリー認証プログラム(GFCP)

グルテンフリー認証プログラム(GFCP)は、アレルゲンコントロールグループ(ACG)が提供するもので、セリアック病やグルテン過敏症などでグルテンフリーの食事療法を行う人々をはじめ、消費者が十分な情報を得たうえで購買を選択できるよう、安全性、信用性、信頼性を製品商標としてわかりやすく提示しています。

グルテンフリー認証プログラム(GFCP)は製造プロセス全体にわたってグルテンを効果的に管理するための予防的な食品安全アプローチで、他のグルテンフリー認証と異なり、国際的に食品安全の基礎となっているHACCPと食品安全マネジメントシステムを基盤としています。グルテンを含む潜在的ハザードをすべて特定して文書化、検証するとともに、内部システムの妥当性を確認する必要のある認証プログラムだということです。そのため、グルテンフリー認証プログラム(GFCP)の審査プロセスは、HACCPやGMP、SQF、BRCといった別の認証審査と組み合わせることも可能です。

グルテンフリー認証を取得した施設で製造されたグルテンフリー製品には、その包装にGFCP商標を使用することができるようになります。


【認証サービス一覧へ】