VQIP(任意適格輸入業者プログラム)規制監査

日本で製造した食品を米国に輸出する際、米国入国時の通関審査を迅速化するのが「VQIP(任意適格輸入業者プログラム)」です。2011年に制定された米国の法律「食品安全強化法(FSMA)」の第302条で定められており、このプログラムに参加するには第307条で定められた第三者監査制度に基づいて認定された第三者認証機関によって認証される必要があります。

PJHDは、FDA(米国食品医薬品局)に承認された米国規格協会(ANSI)から世界で初めて認定を取得した米国ペリージョンソン レジストラー フードセーフティ インク(PJRFSI)との提携に基づき、認定第三者認証機関としてVQIPに関する規制監査サービスを提供します。

>> FDAのニュースはこちら

米国への輸入食品の入国迅速化

米国への食品の入国を迅速化するVQIP(任意適格輸入業者プログラム)に、日本の食品製造・供給業者が参加するには、認定第三者認証機関によって規制監査を受けて認証されている必要があります。

輸入業者との取引機会増加が期待

規制監査を受けて認証を取得することで、VQIP(任意適格輸入業者プログラム)への参加資格が取得できるのはもちろん、VQIP(任意適格輸入業者プログラム)に参加する輸入業者は認証を取得している食品施設で製造された食品を輸入するため、輸入業者との取引機会の増加が期待できます。

お問合わせ先

ペリージョンソン ホールディング 株式会社 ペリージョンソン レジストラー
TEL 03-5774-9510

PJRの食品安全サービス


【認証サービス一覧へ】