FSMA入門セミナー 食品安全強化法(FSMA)の全体像

米国食品安全強化法(FSMA)に関しては、日本企業にとって特に影響が大きい規則(第103条危害分析及びリスクに基づく予防管理に関する規則)への対応が、2016年9月19日から原則義務化されました。FDA(米国食品医薬品局)の権限が強化され、FSMAによって、日本の食品企業には FDA査察受け入れやPCHF(危害分析・予防管理措置計画)対応など、さまざまな対応を求められるようになりました。一方で、日本政府は、少子高齢化等を受け農林水産物・食品の輸出を拡大する方針を打ち出しており、輸出先の国・地域の要求への対応やHACCP義務化に向けた動きも本格化しています。 本セミナーでは、食品の対米輸出に必要な FSMAの概要とFDA査察基準・対応などについて、詳しく解説します。

FSMA入門セミナー 食品安全強化法(FSMA)の全体像
内容 ・日本の環境変化と食品輸出
・米国の輸入食品安全管理体制
・米国食品安全強化法(FSMA)の概要
・危害分析・予防管理措置計画(PCHF)
・フードディフェンス
対象 ・食品の製造に関わる方
・食品の輸出に関わる方
受講料 無料

開催地 開催日 時 間 会 場 詳 細
大阪 2017年
04月12日(水)
10:00〜12:00
(受付 09:45〜)
エル・おおさか
【地図】

ご注意

※上記のスケジュール・内容は変更される場合があります。
※認証機関関係者の参加はご遠慮ください。
※お申込み多数の場合、1社2名様までとさせていただく場合があります。あらかじめご了承ください。


関連リンク

食品安全 関連規格